Loading

テレビCM

保障の点検でみなみ行きつけの美容院を訪れた、かすみとりく。「なんでも聞いてください!」と自信満々なりくに飛んできた、店長みやこさんの質問とは…

保障の点検でみなみ行きつけの美容院を訪れた、かすみとりく。「なんでも聞いてください!」と自信満々なりくに飛んできた、店長みやこさんの質問とは…

テレビCM

個性豊かなキャストをご紹介。
TVCMの舞台となっている街が探検できる
GREEN TOWN MAPもご覧ください。

  • KASUMI ARIMURA

    JA共済のライフアドバイザー

    かすみちゃん

    [ 有村 架純 ]

    JA共済でライフアドバイザーとして働いている。普段は抜けたところもある彼女だが、スーツに袖を通すと頼りがいのあるライフアドバイザーの顔になる。

  • MINAMI HAMABE

    かすみちゃんの妹

    みなみちゃん

    [ 浜辺 美波 ]

    サークル活動に励む大学生。姉がライフアドバイザーとして奮闘している姿を見て、最近はJA共済に少し興味を持っている。

  • RIKU HAGIWARA

    JA共済の新入社員

    りくくん

    [ 萩原 利久 ]

    この春からライフアドバイザーとして働く新人。実はみなみちゃんとは大学の先輩後輩で、同じアカペラサークルで活動していた。

GREEN TOWN MAP

かすみちゃん

JA共済の2年目ライフアドバイザー。
自分のコトより人のコトを考えてしまう人情家であり、地域の人々の支えになりたい一心で奮闘している。
その明るい笑顔は一番の”安心の特効薬”であるが、ちょっと不器用で天然な一面も。
2年目となった今年は新しく後輩もでき、今まで以上にやる気に満ち溢れている。

みなみちゃん

サークル活動に励む大学生。お友達も多く、男女ともにモテモテ。美味しいものに目がなくて、中でもいちごが大好き。なんでも器用にできるので、人からは要領良く見えてしまっているが、実はものすごい努力家。
ちょっとフワーっとしている姉をみて反面教師でクールに生きている。でもクールな仮面の下は姉と同じく人情家。姉のコトをいつでも見守っている。
姉のかすみちゃんがライフアドバイザーとして奮闘している姿を見て、ライフアドバイザーに少し興味を持っている。

りくくん

この春からライフアドバイザーとして働く新人。
要領が良く、少しチャラいと見られることもあるが、根は真面目なイマドキ男子。
先輩のかすみちゃんの働きぶりを尊敬しつつも「もしかして、ちょっと抜けてる?」と最近気づき始めている。
実はみなみちゃんとは大学の先輩後輩で同じアカペラサークルで活動していた。

カズキ

代々植木屋の家系に生まれ、高校を卒業すると同時に、自らも植木職人として働く。
かすみちゃんとは幼馴染で、小さいころから家族ぐるみの仲。
「男職人」の中で厳しく育ってきたこともあって、よく言えば硬派。女の子と付き合ったことは一度もないピュアボーイだが、強くやさしい男である。
二人兄弟で上は兄。兄はバンドマンで東京へ行っている。

洋介

カズキのお父さん。
昔はヒョロヒョロの弱っちいモヤシっ子のような男だったが、伝説の常吉さん(カズキのおじいちゃん)に鍛え上げられ、一人前の頼れる職人になる。
つらく厳しい修業時代を支えてくれた常吉さんの一人娘に一目惚れ。大恋愛の末、常吉さんに結婚を許され婿養子となる。

常吉

カズキのおじいちゃん。
伝説の植木職人。この地域の庭はワシの庭、と豪語する。
昔はめちゃめちゃ恐ろしかったが、今は笑顔がかわいいおじいちゃん。地域の生き字引と呼ばれる頼りになる親方。
大の将棋好きで腕前はアマチュア3段。かすみちゃんの将棋の師匠でもある。

ミルキー

かすみちゃんとみなみちゃんが小さなころ、二人を助けてくれた。それ以来二人の大切な家族の一員である。名前を何にするかで大ゲンカをしたが、最終的にミルク色なので“ミルキー“と名前をつけられた。なぜか犬語より英語が得意だが、二人以外に英語を話すことはなく、いつもは普通に「ワンワン」とだけ言っている。
水が苦手で、お風呂に入れようとすると切なそうな顔でクゥーンと鳴く。(でもみなみちゃんは容赦なくお風呂に入れている。)

校長先生

かすみちゃんとみなみちゃんが通った中学の先生。
とっても温厚で、いつも優しく諭してくれるが、こう見えて実は元ヤンキー。
かすみちゃん、みなみちゃんの母とは高校のころの同級生で、凸凹コンビとして有名だった。
姉妹の性格の違いをよくわかってらっしゃる二人のよき理解者で、卒業した今もたまに人生相談している。

ジョニーくん

“レコード愛”が強すぎる男ジョニー。ファッションにもこだわりがありカリスマ度満点で、ジョニーを崇拝する若者たちがいるくらい。
20代で念願のレコード屋を開業して2年。
一見自由人に見えるが、社会人としての意識が強く、自分の見せ方もよくわかっている“バエる経営者”。
ニックネームのジョニーとは、某ミュージシャンからとられたと噂されている。

ミヤコさん

かすみちゃんが高校まで通っていた美容院「スタイル」の女店長。
つまらないヘアカットが嫌いで、いつも新しいマニアックなヘアスタイルをお客に薦めている。おかげでかすみちゃんも昔変なヘアスタイルになった思い出が・・・
そんな「スタイル」には街のカラフルな髪のおばちゃんたちがいつも集い、井戸端会議に花を咲かせている。

公園のおじちゃん

いつもなぜか公園にいるおじちゃん。ほんとにいつもいる。
実はいろんなテレビや新聞の俳句欄で入選するほどの俳句の名人で、彼を知る近所の人たちからは「三丁目の一茶」と呼ばれている。
元キャラメル工場の社長で、子供たちと喧嘩して家を出てきたらしく、現在は一人暮らし。

肉屋のトモコ

かすみちゃんの同級生。
人情味あふれるいいやつ。家族全員くりそつ。いつもメンチカツを片手に持っている印象がある。イケメン好きの惚れやすいタイプで、好きになるとすぐメンチカツをあげている。
かすみちゃんがトモコに言った言葉で一番多いのは“また〜!”である。

双子の病院の先生

かすみちゃん一家のかかりつけの病院の先生で、一卵性双生児。
いつも診てもらっているのは、ふかし先生なのか、ふとし先生なのかわからなくなる。

らんまる

美容院「スタイル」の女店長、ミヤコさんの飼い猫。森蘭丸から付けられた。
家出をよくするが、近所の人はみんな快く探してくれる。
かすみちゃん一家の所にも、たまにご飯を食べにやってくる。某アイドルユニットのファンだったかすみちゃんのお父さんだけは、らんまるではなく「ランちゃん!」と猫なで声で呼ぶらしい。

豆腐屋のおばちゃん

早くにご主人を亡くし、女手一つで娘を育てている。
娘には学費の安い国立大学に入ってもらって、その上でイギリスへ留学させたいと考えている。
近所の人にお店のホームページを作ってもらい、それからは商売が上向きになっている。

キョウコちゃん

豆腐屋の娘。高校三年生。
進学校に通う地味な女子高生、歴女。本ばかり読んでいるので視力が弱い。実は眼鏡を外すと超絶美女。
母親からは「もうちょっと青春したら?」と心配されるが、本人はまるで気にしていない。
みなみちゃんはキョウコちゃんの家庭教師をしている。

ターくん

カズキのおじいちゃんの伝説の植木職人、常吉さんを師匠とあがめる小僧。将棋道場に行っては、常吉さんの横にピタリとついて、その一手の意味を深く考えている。
同じく将棋道場に小さい頃から通っていた常吉さんの弟子のかすみちゃんをライバル視している。いつも近所の悪ガキ3人トリオで行動している。
ある時、トリオの内の一人が路地裏で中学生からいじめられていたところをかすみちゃんに助けられ、それ以来かすみちゃんのことを“オヤビン”と呼ぶのが気に入らない。